Free Talk @ Blog

batterista.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 27日

恥ずかしい中身公開

・・・別に恥ずかしくはないのだけど、釣りです(笑)。
今のスティックバッグはジルジャンのロゴが入った本皮製。
もう5年以上前だったか、
アイドルドラマーのJ保彰氏が同じモデルを使っているのを知り勢いで買ったものですw。
それまで使ってた布製と比べてもかなり丈夫で多分一生使えそうです。
難を言えば小物入れが少ないので、自分で無理やり袋とか付けてます。

中身はドラマーというよりはパーカッショニストっぽいかも。

e0089055_2301452.jpg


[Pearl 121H(日野元彦モデル) ×2ペア]
[Pearl 101H(ジェフポーカロモデル) ×2ペア]
[VicFirth JackDeJohnette ×2ペア]

スティックはキャラクタの異なる3種類を2ペアずつで計12本。
使う機会はほぼどれも同じくらい。
エレクトリックな音楽だとほぼジェフポカモデルがデフォルト。
アコースティックなJazzだとまずはディジョネットモデルを手にしますが、
シンバルが薄い時とか唄伴のようなボリュームコントロールがシビアな時はトコさんモデル。
材質はヒッコリーが一番好き。

[ProMark HOT RODS ×1ペア]

いわゆるタケヒゴスティック。

[Vater Timbaless 3/8 ×1ペア]

ティンバレス用の細いスティック。菜箸みたい。

[Calato BLASTICK ×1ペア]

プラスティック製のブラシ=ブラスティック(安易)。
これは持ってるけどロッズがあるのであまり使う機会が無い。

[YAMAHA Marret MR-2030 ×1ペア]

鍵盤楽器のヴィブラフォンやシロフォン用のマレット。
これはディジョネットが教則ビデオで使っているのを見て使い始めたw(ミーハー)。
ティンパニ用のマレットと比べ毛糸を厚く巻いてあるので音が柔らかく、
フエルトも破れたりしない。柄の部分のしなりもあってGood。お勧め。
ブラスバンド時代によく使っていたのに何で気付かなかったのか。

[Ludwig Brushes ×1ペア]

ブラシといえば昔から白い柄のラディック。
ワイヤーの量が多くてよくしなるのでバラードなんかには向いていると思う。
そのかわりに歯切れの良い演奏をするのは難しい。

・・・この他に入っているものとしては、主にスタジオとかでよくあるアクシデント向けに備品を入れてあります。

[チューニングキー]
[シンバル用のフエルト(2個)]
[シンバル用のチューブ(4個)]
[ヤマハのボルト(ボルトが壊れている時の替)]
[シズル(ProMarkのヤツと100均のお風呂詮用のチェーンを一部切ったもの)]
[ガムテープ(応急処置用、手巻きで数十センチ)]
[ペン類(赤マジック、ボールペン)]

リハスタのメンテナンスは場所によっては相当にひどく、シンバルもチューブが無いままで穴が削られていたり(そのままじゃ自前のシンバルを使いたくない)、ネジがバカになっていたり、ヘッドが破れていたり、なんてことがあります。あと、シズル用のチェーンも一応持ってるんですが、個人的には好きじゃないので殆ど使ったことはありません。ガムテープはミュートを中心にあらゆる場面で重宝します。
[PR]

by batterista | 2006-08-27 02:33 | drums


<< 気付けば明日は      メイナード・ファーガソン >>