<   2008年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

特別便キタ

あの特別便がウチにもキマシタヨ。

こうなった以上、確認作業は必要だと思うけどね。

e0089055_175513.jpg


ああ無駄無駄無駄。
[PR]

by batterista | 2008-07-31 01:10 | Trash
2008年 07月 29日

しうりょう

e0089055_231688.jpg

しますた。
[PR]

by batterista | 2008-07-29 23:16 | from Mobile
2008年 07月 29日

キレかかってます

午前中に歯医者で打った麻酔が。

麻酔のキレぎわって痺れでムズ痛いので嫌。
[PR]

by batterista | 2008-07-29 12:29 | from Mobile
2008年 07月 29日

花火

こうしてみるとずいぶんあちこちでやってるもんです。

参考にどうぞ↓

[全国花火大会特集2008]

地元は今週末みたいです。



・・・ところで火曜日の夜は錦糸町におります。
お時間ありましたらぜし。

----------------
7/29(Tue)
錦糸町 アーリーバード駅前店
Start:20:00~
Charge:¥3,000.
秋本順二(bs)
大口嘉子(as)
後藤 魂(pf)
----------------
[PR]

by batterista | 2008-07-29 00:49 | Trash
2008年 07月 28日

カレー&プリン

結局、トマトは主役とはならずカレー祭りとなった。

当然、米ではなく昨日作ったパンで喰らう。

e0089055_0333760.jpg


具材は茄子、アスパラ、玉葱、ブロッコリ、長葱、舞茸、ベーコン、ニンニク、トマト。

ルーはSB。

今回は食後のDesertも付けてみた。

e0089055_0354843.jpg


意外と手軽に出来たが、味はちょっとモサっとした感じでイマイチ。
[PR]

by batterista | 2008-07-28 00:36 | Cookin'
2008年 07月 27日

Hiram Bullock

亡くなったというニュースが流れてるみたいです。

wikipediaには25日ということで載ってます。

[(wikipedia)Hiram Bullock]

自分的にはサンボーンのバンドくらいしか馴染みがないですけど、

ここ数年はえらく肥大化してましたね。

合掌。
[PR]

by batterista | 2008-07-27 01:53 | News
2008年 07月 27日

大きめ

2週ぶりにパン作りしてみる。

入手した発酵カゴのサイズが大きめだったので、今回は分量も増やしてみた。

e0089055_0465638.jpg


気温が高いので室温でも十分発酵する。

カゴの縞模様も表面に付いてカンパーニュっぽくなったけど、ちと大き杉かな。

e0089055_0512357.jpg


完食には来週いっぱいかかりそう。。。
[PR]

by batterista | 2008-07-27 00:55 | Cookin'
2008年 07月 25日

トマトまつり

間もなく開催!

e0089055_0471878.jpg


何に使いましょか?

(JAさん提供)
[PR]

by batterista | 2008-07-25 00:49 | Trash
2008年 07月 24日

非ジャズの人がジャズ(5)

またまた間が空いて前回のつづき。

非ジャズの人がジャズをやるようになって単に手足の動きレベルではある程度のことは出来るようになってくると、次の段階は「音色」ではなかろうかと思う。

基本的にPAが叩いたときのアタックを拾いPA側でもある程度加工が出来る非ジャズなドラムと違って、生楽器且つ小さいハコで演奏することも多いジャズドラムでは楽器自体の出す音色が重要なファクターになる。生で楽器をキレイに鳴らせないと、どんなに高度なことをやっても演奏の質は落ちる。これはきっとドラム以外の楽器でも同じことが言えるはず。

で、音色というのはその人それぞれの「奏法」に起因するので、音色の違いはすなわちタッチの違い、要は「個性」とも言える。ドラマーには他の楽器と比べて楽器ヲタクな人も多く、いろいろな楽器をとっかえひっかえ使っているのをよく見かける。楽器を変えれば音の悪さを多少は誤魔化すことは出来るかもしれないが、基本的な奏法が変わらなければ本質的にキレイな音は出せない。

そして一番大事なこと、当然ながら実際に「いい音」(だと感じる音を)を聞いたことがなければ自分が出している音が良いのか悪いのかはわからない。まずは自分にとっての「いい音色」とはどんな音なのかイメージとして掴み、近づけていくことが重要だと思う。

一番手っ取り早いのは一流プロの演奏を聞くことだが、ジャズの場合「プロ」と名は付いていても「自称」「似非」な人がかなりの比率で紛れているので注意が必要である。仮にもし「誰を聞いても同じようにしか聞こえない」という人は残念ながら今はまだ「耳」が出来上がっていないということで、ここで成長が止まってしまう人も結構いる。

例えるなら、年寄り連中がモー●ング娘やジャ●ーズ系グループは全員同じ顔に見える、というのと一緒なのでCDやライブなど時間は掛かるが興味を持っていろいろな音を意識して聞いていくしかないと思う。

「違い」がわかるようになると、必然的に自分の出している音とのギャップに悩む日々がやって来るはずなので、そこからがようやく真に音色を追求する段階のはじまりである。
[PR]

by batterista | 2008-07-24 00:12 | Jazz Drumming
2008年 07月 23日

使い切らない

せっかく買っても消費期限までに全然使い切れないモノ。

かゆみ止めの軟膏。

虫除けスプレー。

もっと小さくてもいいんじゃないか。
[PR]

by batterista | 2008-07-23 01:40 | Trash