人気ブログランキング |

Free Talk @ Blog

batterista.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 01日

どっちでも

ジミンでもミンスでもどっちでも大して変わるとは思ってないのです。期待してないですよ。

でも期待はしてないけど希望は持ちたいわけで。
今まで世の中的には現状維持しておけば今以上に悪くなることはないだろう、と思っていただけのこと。
もちろん逆に今以上良くなることもない代わりに。

国の成長期だったら何かを我慢することで得られるものもあったけど、昨今では変わらないことの弊害の方が目立つようになってきたし、現状維持でも仕方無いかと思えるだけのラインには届いてない。

マスコミが意図的に流れを作ったとか、もし交代して世の中が悪くなっても誰も責任取れないでしょ、みたいなことを言う人もいるしそれも正しいと思うんだけど、どうせ期待値に届かないんだったら一度変えてみてもいんじゃね?と皆思うようになってきたということはそれはそれでアリじゃないかな、と。

これって無責任な発想なのかな?

そもそも出来るか出来ないか、担当能力があるかないかなんて今までまともに他がやったことないんだから(ジミンも必死でやらせてこなかったし)わかるわけないですよ。

といって現在の与党に担当能力が十分に備わっているとも思えない。
財源の話にしたって与党や官僚が野党に本当のおサイフの中身を全て見せているかも怪しいわけで。

公約への疑問とか批判にしても、これからやろうとする内容の実現性を検証することももちろん大事であるとしても、政治なんて世の中の流れで何が起きるかわからないし、極論を言えばまだ未来の話で机上の空論なんですよ。

それよりも確実に検証できるのは現在の与党が今までやってきたことでしょ。
目の前にある現実を検証すればいいんだから間違いないし結果も明確に出せる。
本当はそっちをきちんと検証するのも大事だと思うけど、政策論争にすりかえてるのが姑息だよな。

by batterista | 2009-08-01 02:07 | Trash


<< 8月      盆踊り >>