人気ブログランキング |

Free Talk @ Blog

batterista.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 23日

Miles Davis / 'Four' & More(1964)



[Songs]
M1. So What
M2. Walkin'
M3. Joshua
M4. Go-Go (Theme and Announcement)
M5. Four
M6. Seven Steps to Heaven
M7. There Is No Greater Love
M8. Go-Go (Theme and Announcement)

[Personel]
Miles Davis(tp)
George Coleman(ts)
Herbie Hancock(p)
Ron Carter(b)
Tony Williams(ds)

[Comment]
マイルスの数ある名盤の中でも一番に掲げる人が多いのがこれ。個人的にはShorterの参加している"In Berlin"の方がサウンド的にも好きなのだけど、これも同じくらいカッコええ。そして自分がまだ生まれていない時代にこんなことをやっていたというのも驚き。リアルタイムで聞いた人はもっと衝撃があっただろうな。インプロヴィゼーションとは何ぞ、ということが非常にわかりやすく、逆に言うと非常に難解に繰り広げられております。で、マイルスがいかに即興性を重視していたかというエピソードで有名なのが、このアルバムに参加しているジョージコールマンが曲だかフレーズの練習をしていたらクビにしたとかしないとか。トニー、ロン、ハービーのリズム隊も鬼のような演奏を聞かせてます。

by batterista | 2006-05-23 02:29 | Review


<< 二ヶ月      今日の晩飯 >>