人気ブログランキング |

Free Talk @ Blog

batterista.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 06日

上海レポート:交通事情編

現地に行ってまず目にするのが移動中の交通事情。
都市部は道路もそこそこ整備されていてクルマの量もかなり多いのですが
そこを利用する車や歩行者のマナーに関してはかなり酷い事になっていて、
国民性が良くわかるというか、ダメっぷりを存分に味わえます。






e0089055_0345462.jpg


とにかくあらゆる場面で「譲り合う」とか「安全に注意して」といった行動思想が無く、
「先に行ったもの勝ち」「モタモタしている方が悪い」というルール(ある意味、ルール
無用)のようです。

例えば交差点の横断歩道でクルマが歩行者を待つななどということは無く
(待っていると後ろの車からクラクションを激しく鳴らされる)、行けそうな隙間が
出来たら歩行者を止めても突っ込みます。
合流や車線変更といった場面でもお互いに譲り合おうという気が無いので、
しばらくの間は1車線に2台が並行して走っているのもよく見られます。
基本的に車やバイクは何かあればとにかくクラクション鳴らしまくりで、
街中では常にどこかでクラクションが鳴ってます。かなーりウルサイです。
一方、歩行者側も交通量が多い3車線あるような広い道路を平然と横切って
行きます。少し歩けば信号や横断歩道があるのに我慢出来ないみたいです。

こんな状態なので、普通に歩道を歩いているときでさえ突然目の前から
クラクションを鳴らしながらバイクが走って来たり、歩道脇の建物や駐車場から
出入りする車が容赦無く突っ込んで来るのでいつ何が起きるか全く予想も付
かず気が抜けません。
実際、自分も歩道を歩いてて正面からバイクがクラクション鳴らして走ってきた
ので睨んでみたら相手も睨み返しながら走り去って行きました。もう無茶苦茶(--;。

因みにタクシーも含めた乗用車に関してはやはりフォルクスワーゲン(サンタナ、
パサート)が圧倒的に多く、その他は日本メーカー(本田、トヨタ、日産、三菱)とか
アメリカ(GM、フォード)、フランス(プジョー)といったところがぼちぼち。
色は黒ばっかりでしたね。

by batterista | 2006-07-06 00:38 | Travel


<< むふふ♪      物騒 >>