Free Talk @ Blog

batterista.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 18日

非ジャズの人がジャズ(4)

前回から大分間が開いてしまったが、今回はリズムの唄い方について続きを。

ジャズは音楽の3要素の中でも特にリズムが主体であるとよく言われる。指が早く動かなくてもお洒落なヴォイシングができなくても一音一音のリズムが良いポイントにはまれば(勿論リズムだけでは無いのは言うまでもないのだが)演奏もそれなりに良く聞こえる。

そんな音楽でリズムの中心とも言うべきドラマーのリズムが悪いとしたら、そりゃもう一大事なのは言うまでもない。

一口にリズムが良いといっても考え方は人それぞれ。自分の解釈としては体内のパルスが安定していて(別にメトロノーム的に正確である必要は無い)、そのパルスに乗せて意図したタイミングで唄えるということになるのだろうか。 周囲の音に耳は傾けつつも、それに惑わされずに自律したリズムをキープできること。

リズムを鍛えるには天才でない限りはやはり練習しかないと思う。といってリズムが良ければ演奏もスゥイング(又はグルーヴ)するかといえばそんなことは決してないのだが、少なくとも前提条件ではあると思う。

では具体的にドラマーとしてスゥイングするにはどうしたら良いか?一応自分も非ジャズなドラマーとしてこれまでに掴んできたヒントになりそうなことを挙げてみたいと思う。

一般にジャズの場合は譜面上で8分音符でもタイミング的には3連の1つめと3つめで表現される。でも本来の解釈としては3連譜でなくやはり8分音符であって、異論はあるかもしれないが、8分音符の1個目の音がテヌートで2個目がスタッカートに近いイメージなのだと思う。8分音符の解釈として一番わかりやすい例がロイヘインズで、レガートがあれだけスクエア(あまりハネてないイーブン)に叩いてもちゃんとスゥイングしていてカッコいい。

で、これがドラマーの場合、叩く「位置」ばかりに目が行ってしまいこうした「音符の長さ」まで意識していない。即ち、口や頭の中でリズムを唄う場面でも3連譜の中抜きで「タッタタッタ」というウサギのダンス風味の唄い方をしてしまっていることが往々にしてあるように思う。それを先に述べた8分音符と考えて「タータタータ」という唄い方に変えるだけでも大分ニュアンスが変わるんじゃないかと思う。これって他の楽器の唄い方でもまったく同じだと思う。

ここに音の強弱(アクセント)とか長さといったアーティキュレーションが加わるといよいよジャズドラムっぽく聞こえるようになる。
[PR]

by batterista | 2008-06-18 01:40 | Jazz Drumming


<< 地面が動いた話      音場 >>